アーカイブ
停車場公式facebook

‘Teishaba Cafe’ カテゴリーのアーカイブ

道の駅でお菓子の販売を始めました

2018/03/26

こんにちは。
宿主のDaiです。

この週末より「道の駅富士吉田」にて停車場カフェの自家製パウンドケーキの販売を始めました。

富士吉田に来られた方のお土産として、また地域の方にも手に取ってもらえるものはどんなものが良いのか考えて、まずは富士吉田特産の水かけ菜を使ったパウンドケーキを試作しました。
そもそも聞き慣れないこの水かけ菜とは、お米の収穫が終わった田んぼに水を流して栽培する野沢菜に似たアブラナ科の菜っ葉のことで、絶やすことなく富士山の湧水を流すことで、寒さの厳しい富士吉田でも凍結することなく育てることができ、甘みがあり茎まで柔らかいのが特徴です。
パウンドケーキにするととてもきれいな緑色になるのですが、どうしても青臭さが気になりました。そこでおかみさんが試行錯誤を重ね香辛料を加えることで、鮮やかな緑色を保ったまま、食べやすく美味しい商品になりました。

もうひとつは、富士吉田の街でお味噌を醸す丸甲醸造さんの米麹みそを使った味噌カステラを作りました。
丸甲醸造さんの醸造所に初めて伺った際、敷地に入った瞬間になんとも美味しそうな味噌の香りがしました。天然醸造にこだわって1年以上寝かしてから出荷されているそうです。
カステラにしても味噌の濃厚な香りがしっかりと残るようなレシピにしました。
ベーキングパウダーを使わず、100%卵の力だけで膨らませており添加物は一切使用していません。

停車場カフェでは、飲食店営業に続いて昨年の12月に菓子製造業の営業許可を頂いていたのですが、ようやくお菓子を出すことができるようになって、これからも種類を増やしていこうと楽しみにしています。

どちらもひとつ140円で道の駅富士吉田にて販売しています。
また、事前にご連絡を頂けましたら停車場カフェでも焼き立てのお菓子を販売させて頂きます。

2018-03-24-1

2018-03-24-3

2018-03-24-2

一番おいしい手前味噌仕込みワークショップ

2018/01/29

こんにちは。
宿主のDaiです。

毎日寒い日が続いていますね。
停車場ゲストハウスのある富士吉田でも、一週間ほどとても厳しい冷え込みとなり、先週は-15℃まで下がる朝がありました。

さて、そんな寒い時期に行う手仕事のひとつに、味噌がありますね。
停車場では今年も手前味噌を仕込むワークショップを企画致しました。
今回で3回目の開催となり、中野のギャラリーカフェuna camera liveraでやっていた停車場喫茶時代の企画を含めると、なんと5回目の開催となる人気企画です。
講師の先生は、今回も高橋広樹さんにお願いして味噌にまつわるお話しや発酵食品について熱く語って頂きます。
去年の開催でご参加頂いた方から、大豆麹を使った豆味噌もやってみたいねというお話があり、今回は豆味噌を仕込むプランも考えています。
お申込みは2月16日(金)までE-Mailにて受付しております。
E-Mail:info@teishaba.net

【当日のざっくりなタイムテーブル】
3月3日(土)
19:00 みんなで味噌煮込みなべの夕食
20:30 大豆の吸水
3月4日(日)
8:00 自家製パンの停車場特製朝食
9:00 大豆の煮出し
10:00 味噌仕込みスタート
12:30 仕込み終了・ネギ味噌おにぎりの昼食

【参加費用】
・ワークショップ参加費:3,000円
(持帰り味噌1kg、食事3回/夕朝昼食を含む)
・宿泊費(男女別相部屋):3,300円/人
・宿泊費(3名用個室):10,000円/部屋

【講師紹介】
高橋 広樹(公認みそソムリエ)
東京農業大学農学部醸造学科卒業。
現在は、発酵業を生業に携わりつつ、業界団体との繋がりによりその知識は留まることを知らず。
在学中より各地味噌蔵での修業を重ねながら、全国各地で講演を開催し、醸造と食育を広めている。
味噌を仕込むワークショップでは、そのあり余る知識を遺憾なく発揮し参加者を楽しませている。

【開催・お申込み】
停車場ゲストハウス&カフェ
山梨県富士吉田市新倉2826-1
0555-75-0264
info@teishaba.net
http://www.teishaba.net
WS_2018